【2019.11.21】

特別講演2019年11月21日木曜日(第三会場)

講演時間 10:30~11:20

「UNIDOセミナー UNIDO-No 3E-22」

第一部:日本の中小企業による海外への技術移転の成功事例を発表しました。

株式会社 伸光テクノス 長澤 健太郎



【2019.11.13】
【留学生と考える高度外国人人材活用ワークショップ】

JETORO名古屋 高度人材活用推進コーディネーターを支援を受け

名古屋大学東山キャンパス「経済学部第三講義室」14:00~17:00迄

参加企業と留学生の間で高度人材活用の課題と解決につて、ディスカッション

また、各参加企業からの事業説明から留学生へ課題提案されました。
次回、11月27日 14:00~17:00まで
名古屋大学に学生より各社の課題へ解決案のプレゼンテーション発表されます。

「プレゼン風景」
「プレゼン風景」
「留学生とワークショップ風景」
「留学生とワークショップ風景」


【2019.11.07】
加水分解装置のリニューアルPV動画で、”世界のゴミ問題に挑戦する伸光テクノス”
是非、ご覧ください。

加水分解装置ーPV-日本語版

「HydrothermalーPV English」



【2019.10.18】
特別講演 2019年11月21日木曜日 (第三会場)

講演時間 10:30~11:20

「UNIDOセミナー UNIDO-No 3E-22」他数社

第一部:日本の中小企業による海外への技術移転の成功事例 

株式会社 伸光テクノス(講演 テーマ 廃棄物処理について、 長澤 健太郎)

「特別講演ページ」https://www.jma.or.jp/INCHEM/visit/special.html

「事前登録   :https://jmacv.herokuapp.com/it2019/visitors/confirmmail


【2019.10.17】

 第22回中国北京国際科学技術産業博覧会2019年10月24日-27日4日間、北京で開催され
     る予定で、 会議のテーマは「科学技術革新センターの建設を推進することによって、
     産業の高品質発展を牽引する」というものです。省政府の承認により、省科学技術庁は
     省商務庁組織省内の関係機関と吉林省代表団を組織して今回の「科博会」に参加します。      (株式会社 伸光テクノスの中国合弁会社)

  「出展会社:吉林伸飛環境エネルギー有限公司」

  2019年10月24〜27日(09:00〜16:30)

  場 所:中国国際展示センター(旧博物館) 

  住 所:北京朝陽区北三環路6号

  URL  : http://www.chitec.cn

  詳細 :https://bit.ly/35HakUE


【2019.10.10】


【深刻な都市ゴミ問題の解決を加水分解で】

台湾澎湖諸島では、都市ゴミの処分や環境問題に伴い、㈱伸光テクノスの加水分解装置を、台湾澎湖諸島の都市ゴミ問題と環境問題を両面で解決する為、弊社、代表取締役 木村より問題解決できる機器の説明会が開催されました。現地メディア・澎湖時報に掲載されました。

写真クリックでジャンプします。


【News】ダバオ市の病院に日本製の滅菌装置が導入される

2019年10月7日 ニュース

南フィリピン医療センター(THE Southern Philippines Medical Center 以下SPMC)は、

Fukushima Industries Inc.から、新型滅菌処理装置を受け取ったと発表した。

Fukushima Industries Inc.は、愛知県に本社を構える伸光ホールディングス

販売代理店で、伸光ホールディングスは滅菌処理装置などの技術力に定評があるメーカーだ。

以前のレポートでは、SPMCはで1日ごとに約1千3百キログラムの廃棄物を生み出していると

報告があった。SPMCのMaria Elinore Concha氏は、病院内で発生した感染性廃棄物が地域に

悪影響を及ぼすことがないとを確認したうえで、廃棄を行いたいとし、今年の8月には病院内で

の使い捨てプラスチックの禁止を試験的に実施したという。今後は、廃棄物の種類により個別に管理部門を作っていくそうだ。

SPMCで行われた伸光ホールディングスの製品紹介では、この滅菌処理装置は10から15キログラムの感染性廃棄物を約7分間で圧縮、無菌化でき、狭い場所で簡単に操作ができるとのことだ。

日本の技術力がダバオの衛生問題解決に貢献しているのは、とても素晴らしいことではないだろうか。ダバオ市の多くの場所で、日本由来のソリューションが展開していくことを期待したい。

https://davawatch.com/articles/2019/10/07/14384.html


【2019.10.07】
"海洋プラスチック問題解決に向けた連携"

国際連合工業開発機関(UNIDO)
「Multi-stakeholder's Cooperation Dialogue」 アフリカのプラスチック問題に焦点をあて、UNIDO・日本政府機関・アフリカ環境省・日本の民間セクター等のさまざまな関係者より、それぞれの立場から海洋プラスチック問題の現状や解決に向けての期待・課題等について、株式会社 伸光テクノス発表致しました。


【2019.09.26】
 国際連合工業開発機関(UNIDO)
「Multi-stakeholder's Cooperation Dialogue」 
【テーマ】海洋プラスチック問題を中心に各社の取組

 2019年10月7日 15:00より開催
 国連大学でセミナー開催されます。

<講演発表・4企業>
 ・㈱カネカ 新規事業開発部 BDPグループ

 ・日本製紙㈱ 紙化ソリューション推進室主席調査役 

 ・味の素㈱ 理事/環境・安全・基盤マネジメント部長
 ・株式会社  伸光テクノス
       https://www.unido.or.jp/coming/7797/


2019.09.24

フィリピン-ダバオ市内において、新型滅菌処理装置の発表会を開催、
地元テレビ局の取材と夕方のNews番組で放映されました。

「PTV News」
  地元TV局にて放映されました。

「GMA Regional TV」

TV放映 第二弾 放映されました。



2019.09.13
内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション)は「STI for SDGsタスクフォース」を設置し、SDGsに貢献するSTIロードマップの策定の他、日本の「Society 5.0」モデルの構築及び国際発信を目的としたプラットフォームの構築を行ってきました。当該プラットフォーム構築に際し、
今回、内閣府からの要望により、弊社、株式会社 伸光テクノスはこの37社44技術の企業が
内閣府プラットホームに掲載されました。
※ 画像クリック、内閣府プラットホームページへジャンプします。



2019.09.04

【アフリカ開発会議 出展 2019.08.28~08.30 パシフィコ横浜 Dホール】

国際連合工業開発機関(UNIDO)ブース内にて、油化還元装置の紹介及び商談を実施致しまし盛大な展示会として終了致しました。

「国連リー・ヨン事務局長を中心に記念写真」
「国連リー・ヨン事務局長を中心に記念写真」

2019.08.21
この度、国際連合工業開発機関(UNIDO)は、内閣府の「科学技術イノベーション(STI) for SDGsプラットフォーム」の構築及び運営に協力する事に合意し、STePPに登録されている技術等情報の一部を、内閣府と共有する事になりました。2018年1月、内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション)は「STI for SDGsタスクフォース」を設置し、SDGsに貢献するSTIロードマップの策定の他、日本の「Society 5.0」モデルの構築及び国際発信を目的としたプラットフォームの構築を行ってきました。当該プラットフォーム構築に際し、今回、内閣府からの要望により、

弊社、株式会社 伸光テクノスは、この37社44技術の企業に選定されました。
【SDGs】


2019.11.20-22 出展予定

INCHEM TOKYO 2019
 幕張メッセ 2-5ホール

 2019年11月20日(水)~22日(金)の3日間 10:00~17:00

※ 詳しい情報は、こちらよりご覧ください。https://www.jma.or.jp/INCHEM/outline/index.html


2019.08.28-30

【アフリカビジネスフォーラム & EXPO」ジャパン・フェア】

 パシフィコ横浜 展示ホール 国連UNIDO様ブースにて出展いたします!


2019.05.13

【加水分解装置 10㎥ 移設作業風景】



「加水分解装置 10㎥ 愛知県 解体・移設工事風景」


2019.04.19

第 7回中国  (上海 )国際技術輸出入交易会出展

 国際連合工業開発機関 (UNIDO)様より依頼 

弊社の加水分解装置について、英語による講演を致しました。
   「メディア&動画ページでもご覧頂けます」


2019.04.16

国連大学にてバングラディシュ商談会に参加

日 時:2019年4月16日(火)10:30-17:00

場 所:国連大学本部ビル2階レセプション会場

            東京都渋谷区神宮前5-53-70

主 催:UNIDO東京事務所

共 催:日本貿易振興機構(ジェトロ)



2018.12.25

「知の拠点あいち」

愛知県では、大学等の研究成果をモノづくり

産業の技術革新(イノベーション)につなげ、

既存産業の高度化や次世代産業を創出するため、愛・地球博跡地に次世代モノづくり技術の創造・発信の拠点として「知の拠点あいち」を整備しています。

 ”いよいよ加水分解装置の実験が開始”

〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合

                       1267-1

「名城大学共同実証実験と加水分解装置」
 写真手前の畝は、加水分解の生成物を利用
 しGETシステムでバイオメタンガスを製造
 する実験です。

【共同実験-看板】



- 伸光ホールディングス/伸光テクノスは「廃棄物は資源です」を実現します -